スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
お多福顔な私に・・・
秋が深まる今日この頃・・・ 皆様お元気でしょうか。
でも、福岡は朝晩は冷えますが、日中は結構気温が高くて、半袖の人も時々みるくらい・・・
スポーツ・読書に勤しむには、絶好の季節となりました。

さて、ほったらかしにしていたブログですが、さらにほったらかしとなりそうな
事態に明日から陥ります。

実は、明日から入院するのです。

皆の知らない間に、ご懐妊していました~なんて言えるといいのですが、
本当のところは、顎の手術をするのです。
現在、歯の矯正をしているのですが、矯正だけでは治療ができない顎の手術をするのです。
周りからは、「全然問題ないのでは?」とか「歯並びキレイだよ~。」なんて
言われていたのですが、問題は噛み合わせ。

あまり周りの人には気づかれないのですが、実は反対咬合だし上顎が劣成長なのです。
歯並びはそう問題はなかったけれど、上記の理由で咀嚼の時にあまり食物を咬めていないのです。
それらを改善するには、歯の矯正と手術しかないと言われて、今年の1月に決断!
4月から始まった半年間の術前矯正を経て、やっと今手術に至ったのです。

いろいろと術後の大変さなどを聞いて、ちょっと緊張気味ですが、
今からの人生の50年間、健康な自分の歯で美味しく食事をしたいという思いを胸に
多くの辛い事を乗り越えようと思っています。
それに、保険治療なので、高額医療の対象となり、費用もそんなにかかりません。

2週間ほどの入院中は、本を読んだり、絵を描いたり、小説を書いたりと
充実した時間を過ごそうかなと思っています。
携帯電話が使えないので、のんびりとした時間が過ごせそうです。。。

でも、術後は顔の腫れがすごいらしく、お多福のようになっているかも?!
しかしながら、来年あたりは、腫れもひいてスッキリしていると思います。
次回みんなに会う時は、バランスの取れた顔でお会い出来ると思います。

皆様、乞うご期待



スポンサーサイト
【2006/10/30 13:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) |
スラバヤ最終日
この週末は、長崎に行ってきました。
4月から行われている「さるく博」に参加して、普通の観光では見ない所を
丁寧な説明を受けながら見てきました。
※「さるく」とは長崎の方言で”歩く”という意味。距離は短いけれど、あちこち廻って歩き疲れた~~~。。。

でも、一番驚いたのが

長崎はなんと

「ボーリング発祥の地」

だったこと。

何だか、リンガーさん、グラバーさんがボーリングをしている姿を想像すると
なんだか楽しくなってきます。。。(本当にしていたのかは知りませんが・・・笑)


さてさて、と~っても間が開いているこのスラバヤ紀行ですが、今日で最終日です。
どんな話が飛び出すのか、楽しみに~。。。


この日は、日本に発つ日。
午前中に、あのAくんがホテルまで迎えに来てくれた。
最後に、彼の家族と友人に会って行かないかと言うのだ。

バイクにまたがり、Aくんのお母さんが働いている食堂へと向かう。
そこに着くと、3人のおじさんがの外に出してあるイスに座り、
のほほ~んとたむろっている。
インドネシアって、男性が囲炉裏端会議していることが多い。

ゆる~い空気の中、ひととおり挨拶してお茶をいただく。
そして、そのおじ様達にお決まりの質問を投げかけられ、
それにAくんが通訳してくれる。

「どこから来たのか」「いつスラバヤに来たのか」「いつ日本へ帰るのか」
「独身なのか結婚をしているのか」「年はいくつだ」と。。。
(もちろん年齢は、ちょっとサバ読んで25歳と答えた。
実は、Aくんも私の年齢は知らないのだ。え、サバ読み過ぎ???)

質問に答えていたら、いつの間にか、どんどん人が増えて来た。
最初3人だったのがいつの間にか6人。それも、おじさんばかり。
インドネシア人って、本当に人と集うのが大好きだ。

その中に、元軍人だった人が元軍人なのに、なぜか軍服を着て現れた。
さすがに元軍人だけあって、態度が偉そうだ・・・
でも、私が日本人だと知ると態度を一変し、
「俺の甥は、日本に住んでいた事がある。ちょっと電話で話してみないか。」と
とびきりの笑顔で言って来た。
「いいですよ~」と言うと、すぐさま携帯電話を取り出し
「?:@^¥|#&<>?:**・・・(理解不能)」と話し始めた。
何の前ふりもないまま電話に出て、それでもいろいろと話をした。
その甥は、今はインドネシアの旅行代理店で働いているのだそうだ。

そうしている間に、今度はAくんのお兄さんが現れた。

本当は、昨夜会う予定だったのだが、お兄さんの都合で今日に変わっていたのだった。

初対面のお兄さんと挨拶が終わるや否や、
「今から時間ある?ここから1時間のところに知り合いの店があるんだ。
そこは、木彫りの船やいろいろなモノを置いているよ。」と言い始めた。

「今日、日本へ帰る飛行機に乗るので無理だよ。」と言っても、
「そしたら、明日に伸ばせば?」と言う始末。。。
なかなか自分勝手な人だ・・・

Aくんは、私が迷惑そうにしているのに気づいたのか
「帰る前に食事をしていかないか。」と助け舟を出してくれた。

そして、近所の小汚い食堂へ歩いて向かった。
そこでは、牛肉を長い時間煮込んだとみられるものをご飯の上にかけ出してくれた。
一見、見た目はまずそうだったが、味はす~ごく美味しかった。
インドネシアでは観光客用の食事は見た目はキレイだが、味はまずい。
しかし、現地の人が食べている食事は、日本人の好みでとても美味しくすごく安い!
この時は、Aくんが払ってくれたのだが多分二人で100円くらいだと思う。

そうして、お腹も満腹になり、6人のおじ様、元軍人さん、Aくんのお母さんとお兄さんに、それぞれさよならの挨拶をし、またAくんのバイクに乗り、ホテルへと送ってもらった。

ロビーで預かってもらっていた荷物をタクシーに乗せると、
最後にAくんにさよならを言った。

もしAくんが私の彼氏だとしたら、涙ありハグありの感動的な別れになるのだろうが、彼は弟のような存在なので「じゃあ、また来年ね~」という明るい別れだった。

たった3日のスラバヤ滞在だったけれど、意外にも濃密な時間を過ごせた。
Aくんには、感謝しきれないな~。。。

なんて考えながら、タクシーから見えるスラバヤの乱雑な景色を見ていた。

という事で、スラバヤ紀行はおしまい・・・



【2006/10/02 09:36】 | 買い付け珍道中 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
ゆきえのバリ的美生活


忙しい毎日の中に、バリを取り入れたい方へバリの雑貨・衣料・料理などの紹介。

プロフィール

Yukie

Author:Yukie
FC2ブログへようこそ!
オーストラリア・カナダ・ニュージーランドに滞在し、今はバリで衣料品をプロデュース&雑貨の輸入をしているYukieです。毎日の生活が楽しくなるような、情報・お話をお伝えしたいな~と思ってます♪

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

テクノラティプロフィール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。