スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
スラバヤ二日目:パート2
さて、マンディで身を清めた後、ロビーでAくんを待った。

約束の午後9時に、ロビーで待っているとほどなくAくんは現れた。
Dくんも来るとの事だが、まだマンディをしているらしく遅れるとの事。

それでは、お寺に出発~!

と、バイクを走らせ20分くらいでそこに着いた。

バイクを止めると、境内に入った。
十数名の人が、座っていたり寝転んでいたり・・・

ここでも、日本人が珍しいのか、信者の人々に凝視されている・・・

さて、私もAくんも英語が流暢ではないので、
お互いに言いたい事をきちんと伝えたり、
理解しているのかは多少の疑問があるのだが・・・

Aくんが話してくれた英語の説明の解釈が間違っていなければ、
このお寺には、イスラム教・ヒンデゥー教・仏教のお祈りの場所があるという。
私は、その寛大さに驚いた。

他の国では、他宗教というだけで、争いが行われているというのに・・・

ひとつのお宮の前に、人が数人寝転んでいた。
Aくんは、そこにいる人に挨拶をすると、私をみんなに紹介してくれた。
みんな、とても愛想が良く、優しそうなのだが、
なぜそこで寝ているのかが不思議だったのでAくんに聞いてみた。

「ぼくも、家で寝る時もあるし、ここで寝る事もあるよ。
お祈りをしながら、神様を近くに感じながら寝たりするんだ」と話してくれた。

ここにいる人は、誰一人としてホームレスではないのだそうだ。。。

確かに、私が、蚊が多いので痒そうにしていると、かゆみ止めの薬をくれたり
お香をくれたりした。
貧しい人であれば、人に何かを分け与えるという事はできないだろう。

そうこうしている内に、お祈りをしようと、奥の方へ連れて行かれた。

いくつものお祈りの場所があり、そのひとつに案内された。
階段を上ると、ドアがあり、そこを空ける
中央に四角の石があり、四方に石でできた神が祀ってある。
天井がぽかりと開いたその場所は、本当に神聖な空間だった。

「座禅を組んで。。。」とAくんは言い、そしてロウソクの火を消した。
星と月の明かりだけの中、なにやら、Aくんはヒンドゥー教のお経を唱え始めた。
そして、「深く息をして、それから、お祈りをしてね」と言い、
ふぅ~と深い息をした。

私は、「神様、私にパワーを下さい・・・」と心の中で何度も唱えた。

そうすると・・・


目をつぶっているにも関わらず、金粉が舞うように、金色の光が降って来るのが見えた。
その光は、段々と広がりをみせ、私をふんわりと包んだ。
そして、その光は、私が広げていた手のひらの上に降り始め、
手の中に消えていった。。。

私にとっては、ほんの数秒に感じたこの時間が、
本当は何分にもなっていたようで、
私が目を開けた瞬間、Aくんが「大丈夫?何かたくさん悩みがあるの?」と
心配そうにしていた。

私は、私がみたものをAくんに説明すると、「それは良かった。」と
本当に嬉しそうな笑顔を見せてくれた。

お寺の住職さんにも、この事を説明すると、「それは、素晴らしい」と
優しい微笑みを見せてくれると、このお祈りの部屋のドアを静かに閉めた。

なんだか、あのような不思議な現象があったにも関わらず、
私自身もとても穏やかな気分になれた。

私は、神は天上にいるのではなく、人の心の中にいると信じている。
それは、Aくんも同様のことを言っていた。
ここのお寺に来る信者の人達は、他の人に宗教を押し付けたり、
むやみに信者を増やそうなどとは考えず、
静かに神と一緒に過ごす時間を楽しんでいるように見えた。

本来は、信仰というのはこうあるべきではないのかな・・・とふと感じ、
とてもシアワセな気分にさせていただいた夜だった。



スポンサーサイト
【2006/07/13 16:36】 | 買い付け珍道中 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<ひっさしぶりです・・・ | ホーム | スラバヤ二日目:パート1>>
コメント
なかなか普通ではできない素晴らしい体験ですね(*^_^*)
やっぱり信仰厚い他国では、そういう不思議なこともありそうですね。。




【2006/07/14 00:35】 URL | エリ #-[ 編集]
>エリさん
本当に、初めての不思議な体験でした。
でも、怖いなどという思いは全くなく、
光に包まれている時は、本当に心地よい感じでした。
ずっとこれが続けばいいな~と思っていた時に、Aくんの咳払いが聞こえてふと我に返ったのです。α波が、大放出状態だったのでしょうね。
【2006/07/14 01:14】 URL | Yukie #-[ 編集]
色付きの文字わお。不思議なことってあるもんですね。
それにしてもパワーをくださいっていうお祈り、いいですねー。ぼくは、お祈りなんてもう何年もやってないことに気づきました。
【2006/07/14 10:41】 URL | TAKA #-[ 編集]
>TAKAさん
パワーを下さいって、あまりにも露骨だったかな?(笑)何も考えてなく、すっと頭に浮かんだのがこの言葉だったのですよね。。。

チリでは、教会に行ったりはしないのでしょうか?(とは言っても、私も本来は無宗教なので、偉そうな事はいえませんが・・・笑)
【2006/07/14 11:39】 URL | Yukie #-[ 編集]
>神は天上にいるのではなく、人の心の中にいる

その言葉に涙がでそうです・・・
【2006/07/14 11:46】 URL | ビリーパパ #GNpDnBoc[ 編集]
>ビリーパパさん
ありがとうございます。
本当に、良い神だけが人の心の中にいると
世の中平和なのでしょうが・・・
【2006/07/15 00:06】 URL | Yukie #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gjjapan.blog39.fc2.com/tb.php/50-5e8e6004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ゆきえのバリ的美生活


忙しい毎日の中に、バリを取り入れたい方へバリの雑貨・衣料・料理などの紹介。

プロフィール

Yukie

Author:Yukie
FC2ブログへようこそ!
オーストラリア・カナダ・ニュージーランドに滞在し、今はバリで衣料品をプロデュース&雑貨の輸入をしているYukieです。毎日の生活が楽しくなるような、情報・お話をお伝えしたいな~と思ってます♪

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

テクノラティプロフィール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。